基礎化粧品を利用して若々しい肌をキープ|30代から始めるケア術

肌の衰えを防ぐために

頬を触る人

30代になると、肌で美容成分が作られにくくなるため、肌が衰えやすくなります。そのため、基礎化粧品を使って補充することが大事です。特にヒアルロン酸とコラーゲンの補充が大事です。また、これらを20代の肌のように多く作り出せるようになる基礎化粧品もあります。使用により若々しい肌を保つ人は増えてきています。

Read More

正しいものを選ぶために

美容液

30代になったのなら、基礎化粧品も自分の肌に合ったものを使わなければいけません。セラミドやコラーゲン、ビタミンCが配合されているなら良いでしょう。さらにストレスを溜めないことや、サプリメント、スプレータイプの日焼け止めなどを使うと便利です。

Read More

若い時からケアは必要

保湿クリーム

30代にもなると、ちゃんとケアしているのかどうかで差が出始めます。そこで30代用の基礎化粧品を使っておくことをおすすめします。インターネットで検索したり、化粧品売り場に行けば試供品がありますし、スタッフさんに相談できるので、利用しておきましょう。

Read More

今後の肌を考えたケア

鏡を見る女の人

乾燥とシミを徹底的にケア

30代の肌は、乾燥やシミが気になりだす時期です。しかし、これらは基礎化粧品で適切なスキンケアを行うことによって改善することができます。30代に適した基礎化粧品の特徴は、保湿効果の美白効果に重点を置いている点です。肌は、皮脂によるバリア機能で水分を保っています。しかし、歳を重ねるにつれて、皮脂の分泌はしだいに減少していきます。それゆえ、肌が乾燥しやすくなります。また、30代は新陳代謝機能の衰えてくる時期です。そこで、美白効果によって、肌の生まれ変わりをサポートします。以上のように、30代の基礎化粧品は、十分な保湿効果と美白効果を配合して美肌づくりをサポートしています。そのほかの有効成分として、コラーゲンやレチノールなど、ハリを保つ成分が配合されていることもあります。

40代以降も輝く肌に

30代から基礎化粧品を使用してスキンケアを行うメリットは、今後もずっと美しい肌でいられる点です。肌は、気になる点を早めにケアすれば、早期に効果を実感することができます。よって、30代から基礎化粧品を使用して丁寧な手入れをする必要があります。そうすれば、40代以降も生き生きとした肌を維持していくことができます。上述のように、30代の肌に重要なケアは、保湿と美白です。十分な保湿作用によって、真皮まで水分を届ければ、潤いに満ち溢れた弾力のある肌に導くことができます。また、美白作用はシミの解消はもちろん、シミの発生を防ぐ効果も有しています。それによって、10年あるいは20年先も、美しい肌で過ごすことが可能です。